入所型施設で働くときの注意点

入所型施設で働くときの注意点

有料老人ホームや特別養護老人ホームなどの入所型施設では、24時間体制で介護サービスを提供しているため、夜勤は欠かせません。こうした施設で働く介護職員は、生活リズムが乱れやすくなったり、翌日以降に疲れが残ったりすることがありますが、訪問介護やデイサービスの仕事と比べると、夜勤手当が付く分、高い収入が得られる魅力があります。特に、介護福祉士やケアマネジャーの資格がある人や、様々な介護事業所のキャリアがある人は、各地の老人ホームで高待遇で採用してもらえる可能性が高いと言えるでしょう。

一般的に、老人ホームの夜勤は、二人から三人程度の少数の介護職員が担当することになります。夜間は利用者が就寝しているため、日中と比べるとハードな業務が少なく、役割分担を決めて業務を行ったり、タイミングを見て仮眠を取ったりすることで、スムーズに仕事を進めることができます。なお、夜勤の勤務形態や一回あたりの勤務時間については、それぞれの施設の利用者の受け入れ人数や、スタッフの配置状況などに左右されるようです。したがって、介護職員として入所型施設で働きたい場合には、就職活動中に希望する施設を見学して、現役の職員に質問をしたりしておくと、自分に合ったシフトで働けたり、長く仕事を続けられる施設を見つけるヒントになるでしょう。

また、介護業界に特化した転職エージェントには入所型施設の求人が多く、キャリアアドバイザーは各施設の詳細情報を把握しています。ですから、ユーザー登録をして、気になる求人を出している介護施設の夜勤状況やスタッフの処遇、職場の雰囲気などを尋ねてみるという方法もおすすめです。